公演作品

第46回公演作品

「BRATH」作:成井豊

   演出:森泉英司


舞台はクリスマス間近の東京。

とある劇場で働く恭子のところへ、15年ぶりに高校の同級生から電話がかかってくる。

「明日のニュースを見てくれ、ぼくが出るから」

 

人は誰かと、いつもつながっている。

大切な人へ、素直に気持ちを伝えたい。

15人の男女が織りなす、心温まるラブストーリー。


第45回公演作品

「煙が目にしみる」   原案:鈴置洋孝

作:堤 泰之 
演出:森泉 英司
 
 季節は春。地方都市のとある斎場で白装束を身につけた男、野々村浩介と北見栄治が会話を始める。
    待合室では野々村と北見の遺族が部屋の使い方や互いの態度に気を悪くし、両家の雰囲気は最悪に・・。加えて家族の間にも何やら複雑な問題が・・・。
   しかし、事態は野々村の母、桂により一転する。家族愛や恋、人と人とのつながりを描いた感動の物語。


2016年にホームページを移行したため、第44回までの作品については下のボタンをクリック願います。